未分類CARGAME雑記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.20 Sun
亀田の柿の種、そこまで好きというわけではないが、
割とつまみによく食べる。

僕は、今まで柿の種にピーナッツは要らないような気がしていた、
袋の中身のラストにピーナッツがまとまって出てきたときには、
どうしようもない怒りを感じていた。

この間、初めてピーナッツ無しの柿の種を食べた、
存在は知っていたけども、単純にいつも足を運ぶコンビニに置いていなかったためだ。

最初は本当に美味いと思った、
あの邪魔なピーナッツがいない・・・これほど嬉しいことはないだろう。

だが、段々といいようのない焦燥感にかられてきた。


ない・・・ない・・・


いつのまにか柿の種にピーナッツを求めている自分がそこにはいた。


まるで、今まで女として意識してなかった幼馴染の子が、他の男と付き合い始めたときに、
初めて異性として意識し始めた時のような感覚。



実際そのような経験は少年時代にあったが、
まさか柿の種で同じ思いを味わうとは思わなかった。

今でも柿の種を食べると、あの時のせつない記憶が蘇る。
スポンサーサイト
雑記    Comment(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。